百年に一度のクレジットカード現金化

クレジットカード現金化業者ではどのくらいの金利ですか?

クレジットカード現金化業者は貸金業者では無いため金利は発生しないです。
その代わりに手数料がかかることを予め把握しておいて下さい。
この手数料は一つだけでは無くいろいろあります。

現金化業者への手数料

現金化業者では換金率と言う名前の手数料がかかります。
金額によって換金率が変わる現金化業者が多く、20万円ほどの金額なら80%の換金率が相場となっています。
100万円では90%、100万円以上では95%と金額が多くなるほど換金率が高くなります。
20万円の金額で換金率80%なら現金化業者に支払する手数料は4万円です。
別途支払するのではなく振込する金額から差し引かれるのが一般的となっています。
キャッシングやカードローンの場合は支払期間が短くなると利息も少なくなります。
しかし現金化業者の場合は支払期間が短くなっても手数料は変わらないです。
換金率80%は年利だと20%ですが、1か月で支払完了しても20%の手数料がかかるのです。
これは実質法定外の金利となるために注意が必要です。
その他にも振込手数料やキャンセル手数料などいろいろな手数料がかかることがあります。

カード会社への手数料

支払は現金化業者ではなくカード会社に行います。
この時に分割払いまたはリボ払いを指定するとカード会社への手数料がかかります。
金額やクレジットカードによるものの、分割払いやリボ払いの手数料は年15%です。
これは現金化業者への手数料とは別途支払しないといけないです。
両方計算に入れるとかなりの負担増となってしまいます。
1回払いやボーナス一括払いならカード会社への手数料はかからないです。
クレジットカードのキャッシングは年18%の金利手数料のため、クレジットカード現金化業者を利用するより此方のほうが負担が少ないです。

高すぎる換金率の現金化業者には注意

換金率の相場より高すぎる現金化業者には注意が必要です。
それは実際には相場より低すぎる換金率で振り込んでくる場合が多いからです。
上手すぎる話には罠があると思ったほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化に出会えて満足したTOPへ