百年に一度のクレジットカード現金化

クレジットカード現金化を行うと何か問題が起こりますか?

クレジットカードのショッピング枠で換金性の高い商品を購入し転売することで現金化を行います。
キャッシング枠の残高が無くてもショッピング枠に残高があれば現金化が可能です。
しかしクレジットカード現金化には問題が起こることがあるために注意が必要です。

カードの利用停止と強制退会

カード会社ではカード会員の購入履歴をチェックしています。
もしキャッシング枠の残高が無いカード会員が、換金性の高い商品をたくさん購入すると換金目的だとすぐに分かってしまうのです。
クレジットカード現金化はカード会社の会員規約に違反します。
もしカード会社にバレるとカードの利用停止と強制退会と言った問題が起こることがあるのです。
カードの利用停止だけならそのうち再開して貰える可能性があります。
しかし強制退会になるとその後はクレジットカードの利用が一切できなくなります。
さらに社内ブラックとなるため、そのカード会社発行のクレジットカードに新規申込しても入会審査に受からない可能性が高いです。

横領罪になる可能性

高額な商品を購入することが多いクレジットカード現金化では横領罪が問題になることがありました。
一般的にはクレジットカードで商品を購入すると加盟店からカード会社へと所有権が移ります。
カード会社への支払いが終了した時点でカード会員に所有権が移ると言う流れになっているのです。
クレジットカード現金化ではまだカード会社への支払いが終了しないうちに転売しています。
これはカード会員に所有権の無い商品を転売したことになり、横領罪になる可能性があります。
これは買取方式のクレジットカード現金化業者を利用したときでも同じです。

クレジットカード現金化での問題まとめ

換金目的のクレジットカード利用で現金化ができてもその後のリスクが大きいです。
当然ながらカード会社への支払いも必要です。
もし支払いを滞納すると一括請求、それに応じられないと裁判や強制執行と言った問題が起きかねないです。
クレジットカード現金化は借金が膨らみやすい行為のためになるべく止めて下さい。

クレジットカード現金化に出会えて満足したTOPへ