百年に一度のクレジットカード現金化

クレジットカード現金化手数料を合わせたら金利300%?!

日本クレジットカード協会の現金化をしない様に呼びかけるホームページに、クレジットカード現金化は金利300%だから利用しない様にといった説明がなされていました。少し数字に明るい人間なら、そんな説明はちゃんちゃら可笑しく、噴飯ものの説明ですがいい機会ですので実際のクレジットカード現金化の本当の金利を計算してみようと思います。

クレジットカード現金化の換金率と手数料

クレジットカード現金化を業者にお願いするとき、換金率と手数料をとられることになります。このコミコミ手数料は大体15%といったところが一般的とされています。30万円のショッピング枠を現金化すると、15万円差し引かれて25.5万円しか振り込まれませんので損した気分には確かになります。ではこの25.5万円を消費者金融から借りたら場合を次の項で計算していきましょう。

クレジットカード現金化の実質金利はなんと22%

クレジットカード現金化をする際、分割払いやリボ払いを利用することが出来ますので返済期間はカードによっては5年迄伸ばすことが出来ます。殆どの人はリボ払いでゆっくり返して行きますので、返済期間は5年間と見ている方のほうが多数派では無いでしょうか。
消費者金融から25.5万円、金利18%、元利均等返済方式で5年間返済すると、総支払額は38.85万円になります。
ではクレジットカード現金化した際のショッピング枠の30万円の支払いはというと、クレジットカードの分割手数料は14.5%が普通(某銀行クレカより)ですから、5年間の総支払額は42.483万円になります。
つまり25.5万円借りて5年返済で42.483万円返したのと同じ経済効果が発生しているのだから、金利を逆算すると約22%というのがクレジットカード現金化の真実の金利ということになります。

まとめ

消費者金融で借りたら18%、クレジットカード現金化では約22%、消費者金融は審査があり煩わしいが、クレジットカード現金化は審査なしで違法性もなし、しかも信用情報は汚れな、何方がいいかは一目瞭然かと思います。少なくとも、金利300%とはクレジットカード協会の噴飯ものの話しですので聡明な皆さんは煽られない様にしてくださいね。

金の草鞋を履いて尋ねるよりも百年に一度のクレジットカード現金化

お金が必要になった時、色々な消費者金融を何件も回りましたが融資をしてくれず、途方に暮れていたところクレジットカード現金化に出会いました。クレジットカード現金化は間違いなく百年に一度の存在になろうとしていると思います。

何故この様にクレジットカード現金化が百年に一度の存在になったのか、それは消費者金融の凋落とクレジットカード会社の競争激化が要因かと思います。

消費者金融の金利は15%から20%です。この超低金利の時代ですら上限が20%な事に加え、昨今は延滞した時の懲罰金利にも20%の上限がつけられました。これだとみんな延滞するから、審査に誰も通せなくなるのは当たり前です。金の草鞋を履いて、コツコツと根気よく何件も消費者金融を尋ねましたがお困りでしょうから融資しましょうと言ってくれた所は皆無でした。

この様な消費者金融の凋落の時代に意外な変化が起こっています。クレジットカード会社の競争により、分割手数料12.5%?15%に下がってきた事がクレジットカード現金化を百年に一度の存在へと押し上げます。クレジットカード現金化は最初に換金率を控除されますが、その後の金利が安いのでリボ払いをずっと続けている人にしてみれば、クレジットカード現金化と消費者金融の最終コストは変わらなくなるのです。

誰でも審査なしで融資を受ける事が出来て、更にコストは安い、こんな借入方法がこの世の中の何処にあるでしょうか。百年に一度のクレジットカード現金化、安心して利用できますので是非お試し下さい。

クレジットカード現金化に出会えて大満足!生活に潤いも

クレジットカード現金化は未だにマイナスイメージが強いサービスですね。そう思われる原因の1つして100%の換金率には絶対にならないという点があります。例えば10万円を現金化したとしても実際に振り込まれる金額は8万円程度が相場で、換金率としてはどんなに高くても80~90%がボーダーラインとなっています。

これが現金化が闇金と呼ばれる由縁ですね。しかし考え方を変えてみて下さい。確かに2万円分余計に払う計算になりますが、この8万円をギャンブルなどの軍資金にして20万円に増え可能性もあります。2万円はロスしたけれど20万円を手に入れるチャンスが生まれたということなのです。

もっと言えば個人事業主が運転資金として現金化を利用するとします。個人利用と比べると利用額も高額になりますので手数料として引かれる金額も数十万円単位となります。200万円の決済をして160万円の現金を運転資金に使ったとすると差し引き40万円のロスになりますが、もしこの投資を行った事で会社が軌道に乗り大手との契約が実現したとしたらどうでしょう。

40万円のロスは痛いかもしれませんが現金化を使っていなかったらこの成功は有り得なかったでしょう。上記のように現金化によってマイナスになる部分は必ずありますが、使い方次第でマイナスをチャンスに変える事が出来るサービスとも言えますね。

当たり前ですが振り込まれる金額よりも多くの返済をカード会社にしなくてはいけないので、計画的に利用し現金化と出会えて満足した!と笑顔になる事を願っています。

クレジットカード現金化初心者ですが利用の際に必要なものはありますか?

初めての現金化は誰しも不安が募るものです。しかし審査は不要ですし、キャッシングよりも簡単な手続きのみでどなたでも申し込み可能なのが魅力でもあります。申し込みの際に必要となるものをご紹介しますので、いざというときにいつでも利用できるように準備をしておいてください。

本人確認のための身分証明書

クレジットカードを現金化する際には、カード名義が申し込みをした本人であることを示す身分証明書が必要になります。運転免許証を持っていればそれを、他にも健康保険証や住民票、公共料金の請求書などが証明書類となりますが、現金化業者ごとに指定されていることがありますので指示に従って提示をしましょう。
他人のクレジットカードを無断で利用して現金化が行われないように、優良店であれば必ず本人確認をされます。ネット上からの申し込みであれば携帯電話で用意した書類を写真に撮り、それを添付送信するだけで完了しますので手間はそうかかりません。

現金化したお金を振り込んでもらうための口座

来店不要の現金化業者を利用する際には、銀行振込でお金を受け取る必要があります。クレジットカードを所持しているということは引き落とし先の口座を持っていることになりますが、その口座が現金化にも利用することができるとは限りません。業者ごとに指定されている金融機関の口座を持っていない場合には、別途高い振込手数料がかかることもあります。地方銀行のみしか口座を持っていないかたは特に注意してください。
振り込みまでのスピードを重視したいかたは、365日24時間いつでも入金手続きが可能なネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。メジャーなネット銀行は多くの現金化業者で振込対応していますので便利です。

まずはショッピング枠の残り利用額を確認しよう

上記以外にも現金化サービスは利用する際にショッピング枠に残高があり、お金に換えるのはその範囲内である必要があります。利用前に明細書やクレジットカード会社のサイトで残高を確認してから申し込みをするようにしてください。

専業主婦でも借りる事が出来た!クレジットカード現金化に出会えて満足した

はじめまして。わたしは主婦業をしている者ですが、不満ばかりのキャッシングカードローンに辟易していた所、クレジットカード現金化に出会えて満足した事がありますので、その時の経験を皆さんにお伝えします。

それは子供の塾の合宿費や修学旅行の積立金、冠婚葬祭に旅行費用、友人達との付き合いやレジャー費、エステ費用や自分へのご褒美のクレジットカード決済が重なった時でした。どうしてもその月、月々貰っている70万円程度の夫の月給では補いきれず、どうするか思案していた時の事です。

夫にバレてしまうと、夫はセコイ性格ですので、家計を任せられないと言うに決まっているので、バレない様に何処かから借入を考えたのですが、キャッシングカードローンの満足度はお話にならないくらい酷いものでした。

先ず最初に消費者金融に申し込んでみたのですが、消費者金融は仕事を持っていない専業主婦には融資をしてくれません。キャッシングのサイトには、専業主婦の総量規制は例外項目で対応出来ると書いてあるのに、融資そのものを取り扱わないというのです。

銀行カードローンにも申し込んでみましたが、最低でも夫の委任状が必要と言われ途方に暮れてしまいました。しかも審査に通過するかわからないのに夫の委任状が必要だそうです。意味がわかりません

そんな失望のどん底にいた時に近所の看板で見つけたのがクレジットカード現金化です。クレジットカード現金化は主婦でもカードの1枚位は持ってますので利用する事が出来ます。更に職業や借入状況、細かい事も聞かれません。

こんな満足できる方法に出会えた事に感謝したいと思います。クレジットカード現金化のお陰で無事決済も済み、そのピンチの月は事なきを得ました。今は夫の高すぎる小遣いを減らして段々と返していってる所です。

同じ主婦業で借入方法でお悩みの人がいれば、是非クレジットカード現金化を選んでみて下さい。出会えた事に感謝する事間違いなしです。

百年に一度のブーム?クレジットカード現金化の時代が来た!

百年に一度のブームと呼び声高いクレジットカード現金化は消費者金融と比較される事が多いですね。実際問題どちらにどんなメリットがあるのか比べてみましょう。

消費者金融

メリット 知名度が高く安心感がある、銀行よりは審査が甘い、全国に店舗を構えている、キャンペーンが豊富
デメリット 住宅ローンなど他のローンに影響がある、総量規制により年収の3分の1しか借り入れが出来ない、家族に隠す事が出来ない

クレジットカード現金化

メリット 審査・来店不要、総量規制の影響が無い、借り入れ履歴が残らない、秘匿性が高い、ポイントが貯まる
デメリット 闇金のイメージが強い、良い業者選びが大変、カード事故のリスクがある

どちらにもメリットデメリットがありますがポイントになるのはやはり借り入れ審査です。現金が今すぐ欲しい時に必要な書類を準備したりするのは中々難しく、結局審査に通らなかったりするケースけっこう多いんですよ。現金化なら書類・保証人一切不要、クレジットカードと身分証明書さえあれば誰でも即日現金化が可能です。

業者によって違いがありますが現金化業者の手数料と消費者金融の金利との差もほとんど無くなってきています。今すぐ年齢・性別・年収・職業に関係なく誰にも知られずに現金を手にする手段としてならクレジットカード現金化の方が優秀だと言えるでしょう。

クレジットカード現金化の利用は百年に一度でも大満足と思っている人達の口コミ

華恵さん
24歳の女性でパン屋に正社員として働いています。正社員といっても手取りで12万円ほどしか給料がないのでピンチの連続です。パンの勉強をするために本を買うとお金が足りなくなるので、そんな時に利用するしました。支払いは残業が多い時には残業をしてどうにか支払いもできたので助かりました。

幸希さん
26歳で、靴屋の販売員として働いています。勤務時間が不規則で時給もそれほど高くないので、毎月かなり厳しいです。お店にどうしても欲しい靴があったので買いたいと言ったところ、現金の一括払いでしか売れないとのことでした。そこで、クレジットカードの現金化を利用して現金を用意して、欲しい靴を買いました。あの時は助かりました。

幸江さん
23歳の女性です。夏に彼氏とテーマパークに行くことになったのですが、貯金がほとんどありません。彼氏にお金を出してもらうのも悪いので、自分で出せる分は出すようにしようと思いました。クレジットカードの現金化ならすぐに現金が用意できたので、彼氏にも迷惑をかけずにテーマパークに行けました。

クレジットカード現金化の還元率を業者別に徹底比較

サイトマップ